よくあるご質問

独身時代に入った保障は見直した方がいいのですか?

環境やライフプランの変化があればもちろんのこと、変化がなくても数年に一度は内容をチェックしましょう。

保険商品も、社会情勢に合わせて変化しますので、時々内容を確認したり、最新情報に合わせて保障内容を見直したりすることが大事です。

そのタイミングとして目安になるのは、ライフプラン、家庭環境が変化した時です。

なお、医療現場の変化に合わせて各社とも保障の内容を変更していますので、そのサイクルも目安になります。昨今の医療保険やがん保険は、3年が一つの目安です。

例えば、最近の医療現場の変化を踏まえ、医療保険の保障内容を見直す際のポイントは次の3つです。

・先進医療
健康保険の適用外となることが多く、自己負担もかなり高額になるケースが見うけられますので、この出費に備えておくと、治療の選択肢を広げられます。
・手術給付金
意外と知られていませんが、手術給付金は、保険商品により適用範囲が異なります。ぜひ比較してみましょう。
・入院日数
医療費削減の折から、1入院あたりの日数が減少傾向にあり、それに備えた保険が発売されています。

※先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。具体的な先進医療技術やその適応症(対象となる病気・ケガ・それら症状)および実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

以上の内容を最新の保険商品と比較して十分であれば、現在の保険商品を継続しましょう。

お客様自身が納得されていることが一番大事です。当社の無料相談で、保障内容を確認されることをお勧めします。

» よくあるご質問一覧に戻る

保障、見直しについて

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895