ほけんの110番 採用サイト

代表あいさつ

お客様を守り続けるためにより愛され、信頼される保険代理店を目指して 代表取締役社長 山本真一郎

お客様を守り続けるために
より愛され、信頼される保険代理店を目指して

代表取締役社長
山本真一郎

保険の役割は、お客様の人生に対して安心をお届けすることです。お客様の財産や命などに関わり、人生を左右することもある非常に重要なものです。今ではインターネットなどの普及により、お客様ご自身で様々な情報を得ながら、好きな保険を選ぶことができるようになってきたと思います。しかしながら、本当に自分に合う保障(補償)なのかわからないまま加入されている方もいらっしゃるかもしれません。このような現状から、我々保険代理店は、専門家として勤勉に学び続け、お客様本位の考えに沿って、真摯に謙虚に対応し、お客様にとって真のお役立ちを提供することが責務だと考えております。

ほけんの110番が目指していることは、「生涯を通じてお客様を守り続ける組織」であるということ。そして、より多くの方を様々な不安からお守りすることができるよう、全ての都道府県に出店することが目標です。また、日本生命グループの一員として、お客様により愛され、信頼される保険代理店を目指しています。

お客様を守り続けるためには、ほけんの110番が永続的に力強く発展していかなければなりません。当社のビジネスとは、お客様をはじめ、商品、情報、サービスをご提供いただいている、当社の営みに関わる全ての方々に支えられてこそ成り立つものですから、まずはその皆様への感謝の気持ちを忘れず、皆様が幸せであるための方法を勤勉に学び続けることが大切だと思います。

そして、もう一つ大切なことは「人間力」です。保険はどこで加入されても、同じ商品であれば保険料などの条件は同じですから、お客様に信頼され、必要とされる人間でなければ、当社を選んではいただけません。お客様と直に接する社員は会社の顔です。そのためには、お客様に必要とされるような、人間力のある人材が重要だと考えています。

一緒に挑戦する仲間を求めています

当社の社員として望むことは「挑戦する」ということです。仕事とは、常に変化し続ける環境に対応していかなければならないものですが、最初から正解は分からないものです。トライ&エラーを繰り返しながら、1%でも「正解」という成功の答えに近づこうとすることが大切であり、失敗しても常にチャレンジすることを忘れないで欲しいと考えています。そのためには、自ら発想して行動することが重要であり、当社ではそうした発想からの提案を尊重しています。

もちろん、仕事をしていく上で困難なこともありますが、全国の仲間と一緒に切磋琢磨することは会社という組織の強みであります。「今よりも良くなりたい」そう思い続け、どんな困難にも勇気を持って挑戦すれば、会社としても、社員としても明るい未来は形成できると考えています。

常に謙虚で真摯な気持ちを忘れず、新しいことに挑戦する気持ちがあれば大丈夫です。
私たちと一緒に、目標に向かって挑戦できる仲間をお待ちしています。代表取締役社長 山本 真一郎