よくあるご質問

毎月の保険料を抑えるにはどうしたらいいでしょうか?

払い方を変える、払い込み方法を変えるなどで対処できることがあります。
また、保障(補償)の内容を見直すことで保険料の負担を抑えられる場合もあります。

保険料が家計を圧迫する、負担が大きいために保障(補償)を見直したいという場合、対処方法は2つあります。

1.保障(補償)はそのまま 保険料の払い方を変える
毎月口座引き落としにされている場合には、半年払いや年払いに変更することで、保険料が割安になる場合がございます。ただし、半年分(年払は1年分)の保険料がまとめて引き落とされるので口座の残高不足には気を付けましょう。
2.保障(補償)内容を見直す
ご加入当時と状況が変わって、ご家庭の経済的な負担が重くなってくることもあるかと思います。ライフスタイルの変化、加入してからずいぶん経っているという場合には、保障(補償)内容もそれに合わせて見直すことで保険料を抑えられる場合もあります。

必ずしもすべてのケースで保険料が安くなるわけではありませんが、重複する保障(補償)や必要ない特約はないか、現在のご自身のライフスタイルに合わせた内容であるかを見直してみましょう。

保障(補償)内容の見直しをする流れとしては、次のようになります。

現在、どういう保障(補償)に加入しているか?
今後、家計のキャッシュフロー(将来収支)はどうなるか?

保障(補償)の内容と、今後の家計のキャッシュフローとの間にギャップはないか?

ギャップがなければそのままでOK。
ギャップがあれば、今の状況に合わせ保障(補償)内容を見直しましょう。

当社の相談窓口には、「保険料が家計を圧迫している」などのご相談も数多く寄せられます。

ご家庭における保険の持つ意味をしっかりご理解いただき、またお客様のお話をじっくりお伺いしてから、よりよいプランをご提案いたします。

» よくあるご質問一覧に戻る

保険についてのご質問

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895

保険をくらべて選ぶなら
ほけんの110番

ご相談の流れ

【STEP1】ご都合に合わせて簡単予約

店舗へのご来店・訪問・オンライン保険相談の中からお客様のご都合に合わせてご予約ください

【STEP2】まずはお客様のご意向を確認

まずはお客様のご意向を伺いながら、将来どのくらいのお金が必要になるか確認していきます

【STEP3】複数社の最新の保険商品を比較

複数社の最新の保険商品を比較しながら、自由に組合せてお客様に合ったプランをご提案いたします

各種保険のご紹介

生命保険

  • 生命保険
  • 女性向け保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 傷害保険
  • 個人年金保険

損害保険

  • 火災保険
  • 自動車保険
  • ペット保険