よくあるご質問

保険料の負担を軽くできないでしょうか?

払い方を変える、払い込み方法を変えるなどで対処できることがあります。
また、保障の内容を見直すことで保険料の負担を抑えられる場合もあります。

保険料が家計を圧迫する、負担が大きいために保障を見直したいという場合、対処方法は2つあります。

1.保障はそのまま 保険料の払い方を変える
毎月口座引き落としにされている場合には、半年払いや年払いに変更することで、保険料が割引になります。ただし、まとめて引き落とされるので口座の残高不足には気を付けましょう。
2.保障内容を見直す
ご加入当時と状況が変わって、ご家庭の経済的な負担が重くなってくることもあるかと思います。加入してからずいぶん経っているという場合には、保障内容もそれに合わせて見直すことで保険料を抑えられる場合があります。

必ずしもすべてのケースで保険料が安くなるわけではありませんが、保険証券を全部取り出し、重複する保障や必要ない特約はないか、ライフスタイルに合っているかを点検してみましょう。

保障内容の見直しをする流れとしては、次のようになります。

現在、どういう保障に加入しているか?
今後、家計のキャッシュフロー(将来収支)はどうなるか?

保障の内容と、今後の家計のキャッシュフローとの間にギャップはないか?

ギャップがなければそのままでOK。
ギャップがあれば、今の状況に合わせ保障内容を見直しましょう。

当社の相談窓口には、「保険料が家計を圧迫している」ご相談が数多く寄せられます。

それぞれのご家庭の中で保険の持つ意味をしっかり認識し、またお客様のお話をじっくりお伺いしてから、よりよいプランをご提案いたします。

» よくあるご質問一覧に戻る

保障、見直しについて

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895