美容医療に携わる医師のための保険

美容医療に携わる医師のための保険

美容医療事故の賠償をカバー!
美容医療賠償責任保険のご案内

美容医療に携わる医師・クリニックの
安定的な発展に必要な補償

美容医療賠償責任保険への
ご相談・お問合せは

お問合せフォーム

お電話でも承ります【ほけんの110番東京本社】

03-6264-7520

平日10:00~17:00(土日祝日定休)

美容医療の相談件数が
増えています!

美容医療技術の発展や社会情勢の変化も加わり、美容医療は広く日常的な医療サービスとなりつつあります。また自由診療で報酬も高いことから、一般皮膚科からの参入も含め、美容医療への新規参入が増加しております。それと同時に美容医療に関する問合わせも多くなっています。

美容医療サービス相談件数

美容医療の普及拡大に伴い、施術結果に対するトラブル(苦情や損害賠償請求等)も毎年2,000件前後で推移。

出典/政府広報オンライン暮らしに役立つ情報「美容医療サービスの消費者トラブルサービスを受ける前に確認したいポイント」より

従来の医師賠償責任保険では
補償の対象外

ところが、従来の医師賠償責任保険においては、美容外科・美容皮膚科・審美歯科などで行われる「美容を唯一の目的とする医療行為」は補償の対象外となっております。 昨今はWEBやSNS等の普及により、ネガティブな情報発信による誹謗中傷は、瞬く間に拡散するようになっております。このため、現代的風評対策も意識した、トラブル初期段階からの素早い対応が求められます。

美容医療賠償保険とは

美容医療賠償保険とは

美容医療賠償保険とは

そこでできたのが美容医療賠償保険!弊社取扱いの「美容医療賠償責任保険(引受保険会社 ユニバーサル少額短期保険)」のポイントは3つ!

ポイント1

美容医療に特化した
弁護士費用保険付の賠償保険

手技ミスは勿論、説明義務違反で賠償責任が認められるケースが増加していますが、この場合もこの保険の補償対象となります。

ポイント2

美容医療施術に伴う
トラブルにおいては、
医療過誤の
有無に関係なく、
弁護士費用保険の補償対象

直ぐに弁護士への委任可能、トラブルにおいては、積極的に保険会社がサポート対応いたします。(弁護士委任には事前に保険会社の承認が必要です)

ポイント3

無記名式で
医療機関の使用者
だけでなく、
厚労省の定める
医療従事者すべてを補償対象

例えば、非常勤医師、看護師、准看護師、非常勤麻酔医、歯科衛生士等も補償対象者となります。

美容医療賠償保険の特徴
(引受保険会社 ユニバーサル少額短期保険)

(特徴その1)

賠償責任保険

経済的なご負担を軽減

美容医療行為に従事した方の過失により患者様へ損害を与えた場合に、法律上の損害賠償に対する賠償責任保険金をお支払します。

損害賠償請求を起こされるときに必ず争点となる「3大争点」があります。それが①手技ミス②適応判断ミス③説明義務違反です。

①②のミスがなかったとしても、③の説明義務違反で賠償責任が認められるケースが増加しています。その場合でもこの保険の対象となります。
(※1)医師・歯科医師のみならず、医師・歯科医師の監督下で美容医療行為に従事する 看護師や歯科衛生士(国家資格を有する方)が行った施術もこの賠償保険の対象となります。

賠償責任保険には、1事故限度額が100万円・300万円・1,000万円(いずれも免責金額10万円)、年間限度額が300万円・1,000万円、の補償プランがあります。
<2019年10月15日責任開始契約より>

ご存知ですか?

ご存知ですか?

1,000万円以下の訴訟が96%

訴訟事案の96%は賠償額が1,000万円以下となっていますが、死亡事故などの事故案件については、当事者同士で解決がなされるケースが多く、厚労省の事故調査制度が施行された平成27年以降も、訴訟事案となっていないものは報告がなされていないのが実態です。


参考文献「美容医療トラブル解決への実務マニュアル」(日本加除出版2018年)の裁判所一覧の68例を参考データとしています。

(特徴その2)

弁護士費用保険

時間的・心理的なご負担を軽減

この保険には弁護士費用保険がセットされています。

弁護士費用は1回の事故につき賠償責任保険金とは別に100万円限度にお支払いします。(1事故限度額100万円・300万円コースの場合)。1事故限度額1,000万円コースの場合は賠償責任保険金と弁護士費用保険金を合わせて1,000万円が限度となります。

損害賠償の交渉だけでなく、法的な損害賠償責任がない苦情に対しても、弁護士相談や弁護士委任の費用をお支払します。

※例えば、施術の出来栄えに対する苦情など、賠償責任があるか不明の事案であっても、美容医療行為に関する事案は弁護士費用保険の対象となります。患者さまとの対応で苦労される事案につきましては早急に相談、委任をしていただくことが可能です。

ご存知ですか?

ご存知ですか?

争点別では「手技ミス」がダントツ!

争点別のデータでは「手技ミス」が68%、「説明義務違反」28%となっています。医療過誤訴訟では、治療行為の違法性(いわゆる「手技ミス」)とともに、患者に対する「説明義務違反」も必ずと言っていいほど争点となっています。


参考文献「美容医療トラブル解決への実務マニュアル」(日本加除出版2018年)の裁判所一覧の68例を参考データとしています。

美容医療の全体では外科手術が約15%、手術を伴わないものが85%(JSAPSによる調査)となっていますが、訴訟となった事案は外科手術が65%を占めています。外科手術は訴訟になりやすいことがわかります。

(特徴その3)

無記名式の保険契約

加入時の書類作成の
負担を軽減

この保険は医師・歯科医師の人数と施術区分の申告によりクリニック単位でのご契約となります。

保険申込書に医師・歯科医師全員の住所氏名を記入する必要はありません。

医師一人ひとりに保険をつけるのではなく、クリニックに従事する医師の『年間を通しての1日における最大人数』に対して保険をつけていただきます。従って、ローテーション勤務の場合には、在籍医師全員の人数でなくても保険でカバーできることがあります。
(例:『クリニックに在籍する医師の総数は4名だが、毎日1名ずつ交代勤務する』のであれば、1名分の保険料 でカバーできることとなります。)なお、勤務医、アルバイト医の場合は個人契約も可能です。

ユニバーサル少額短期保険 承認番号:UNI21AU19

美容医療賠償責任保険への
ご相談・お問合せは

お問合せフォーム

お電話でも承ります【ほけんの110番東京本社】

03-6264-7520

平日10:00~17:00(土日祝日定休)

ご相談・お申込みの流れ

  • 1.

    法人ほけんの110番までお電話か、お問合せフォームからご連絡ください。

    >お問合せフォームはこちら

  • 2.

    当社から電話連絡のうえ、御意向を伺い、資料送付等ご案内をさせていただきます。

  • 3.

    資料送付後、施術区分・補償金額・被保険者数により保険料などが異なりますので、詳細なプランについてご案内させていただきます。

  • 4.

    提案プランをご検討いただき、お申込みをされる場合は、引き続き弊社にてご案内させていただきます。

ほけんの110番について

ほけん の110番は全国に110拠点以上のほけんショップを展開し、40社以上の取扱保険会社の最新の商品の中から、お客様一人一人に合ったプランをご提案しております。個人法人のご相談はもちろん法人向けの保障(補償)も専門の担当者がご相談を承ります。保険についてお困りごとがあればなんでもご相談いただけます。

こんなお悩み事がありましたら
ぜひほけんの110番へご相談ください!

  • 美容医療賠償に詳しい担当者に相談したい

  • 忙しいので病院で相談したい

  • 相談から申し込みまでワンストップで対応できるところを探している

  • その他、ご自身の退職金などの相談もしたい