個人年金保険の基礎知識

個人年金保険とは?

「人生100年時代」という言葉で表現されてしまうほどの高齢化社会が進む今、退職後のセカンドライフにおいても、安心して暮らせるように十分な準備が必要になってきました。

支えになる公的年金も、支給開始年齢が段階的に引き上げられていますので、退職後から年金支給までの空白期間の備えや、老後の生活資金の不安を感じる方も多いでしょう。

個人で備える年金保険の基本を理解して、老後に必要な資金を計画的に準備していきましょう。

公的年金と私的年金の仕組みと違いは?

公的年金とは

公的年金には、「国民年金(基礎年金)」と「厚生年金」があります。「国民年金(基礎年金)」は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入し、「厚生年金」は会社員や公務員が加入します。この2つの年金は2階建て構造になっており、職業やライフスタイルにより加入する年金や保険料が変わります。

参考:厚生労働省 日本の公的年金は「2階建て」

私的年金とは

公的年金に上乗せの給付を保障する制度で、個人や私企業が任意で加入する年金のことです。老後の豊かな生活を送るための制度として目的にあったものを選択することができます。主に、国民年金基金、確定搬出年金、確定給付企業年金、民間保険会社が販売する個人年金保険があります。

個人年金保険とは?

個人年金保険とは、現職時代から定年するまでの期間に保険料を支払うことで、老後にかかる生活資金を計画的に準備できる保険です。

老後にかかる生活資金の不足や定年退職後から公的年金支給までの空白期間など、公的年金だけでは十分とは考えられません。

個人年金保険は、契約時に定めた年金受取年齢になった時から一定期間、または一生涯にわたり年金が受け取れるなど貯蓄性が高い保険です。また、払込期間中や年金受取期間中に受取人に万が一のことがあった場合には、払済保険料は遺族に死亡給付金として支払われます。

国民年金や厚生年金に上乗せする形で個人年金保険に加入することで、安心してセカンドライフを迎えられることでしょう。

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895