学資保険の基礎知識

学資保険とは?

子どもが生まれたら、たびたび話題にあがる学資保険。大切な子どもの夢や希望を応援したいのがご両親の気持ちでしょう。そうなってくると、子どもの成長過程には、どうしてもまとまったお金が必要になる時期があります。

そんな教育資金を計画的に準備できるのが“学資保険”です。

早いうちから準備することで、来るべき時にも、大きな出費に慌てずにすみます。学資保険は子どもの将来のための準備資金です。良く理解し納得できる商品を選んで、しっかりと準備していきましょう。

将来の学費に備えるための保険

たくさんの保険会社と、保険の種類から選びだすことを考えただけで気が重くなるかもしれません。いつどのタイプを契約したほうが良いか整理していきましょう。

計画的に確実に

学資保険は、子どもの教育資金を準備するための貯蓄性が高い保険です。最近では、子供の医療も合わせて保障するプランもあります。

学資保険は満期を迎えると、保険金を受け取れますが、一番のメリットは契約者(ご両親や祖父母など)に万一があった場合にその保険金を保障してくれることにあります。

学資保険は、満期で受け取る金額を設定し、何歳から何歳まで何年かけて払い込むかを決めますが、お金を受け取るタイミングとして、子どもの成長に合わせて小学校、中学校、高校、大学に分けてお祝い金と満期金を受け取るタイプと、大学進学のタイミングに合わせて満期金を受け取るタイプがあります。

また、学資保険の魅力の一つに、払込保険料の総額よりも、保険金が多いことがあります。

ただし、始める年齢や、何歳までに払い込みを終了させるか、そして受け取るタイミングをどこにするかで保険金も変わります。進学と共に教育費はどんどん上がります。事前に備えることで安心できるように資金計画をたてましょう。

万一の時にも備えたい

先にもお話した通り、学資保険の特徴の一つに契約者(両親や祖父母など)が死亡または所定の高度障害状態に陥った場合、以後の保険料が免除され、満期になった場合は設定した満期金やお祝い金を受け取れます。このように、万一の時に安心できる保険としての役割も備えています。

どうして支払った金額より多く返ってくるの?

保険のタイプによっては、払い込んだ保険料より保険金が多く返ります。契約者にとってはとても嬉しいことですが、どうしてそんなことが出来るのでしょうか。

保険会社は、お客様から預かった保険料を運用して利益をだす努力をしています。また予定死亡率と実際の差による死差益、予定した利率と実際利率の差による利差益、運営にかかる諸経費の予定と実際の差による費差益があります。皆さんが払う保険料もこれらの利差益を含めて計算されています。

学資保険も同様に、長期間にわたり積み立て、預けておくので、保険会社も安定して運用することができるのです。プラン内容で保険金が違うのは、保険料を預ける早さや期間により運用の差があるからなのです。

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895

保険をくらべて選ぶなら
ほけんの110番

ご相談の流れ

【STEP1】ご都合に合わせて簡単予約

店舗へのご来店・訪問・オンライン保険相談の中からお客様のご都合に合わせてご予約ください

【STEP2】まずはお客様のご意向を確認

まずはお客様のご意向を伺いながら、将来どのくらいのお金が必要になるか確認していきます

【STEP3】複数社の最新の保険商品を比較

複数社の最新の保険商品を比較しながら、自由に組合せてお客様に合ったプランをご提案いたします

各種保険のご紹介

生命保険

  • 生命保険
  • 女性向け保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 傷害保険
  • 個人年金保険

損害保険

  • 火災保険
  • 自動車保険
  • ペット保険