自動車保険の基礎知識

自動車保険とは?

自動車は私たちの暮らしの中に身近な移動手段として溶け込んでいますが、一方では交通事故を数多く生み出してしまうことも忘れてはいけません。

自動車事故は、ほんの少しの注意不足で起こります。
たとえ自動車の安全装備が進歩しても、事故を起こす可能性はゼロにはなるわけではありません。

ドライバーは、いつ起こるかわからない交通事故での賠償に備えて、自動車保険に加入することが大切です。

交通事故の賠償

交通事故を起こして交通事故の加害者となってしまったとき、「刑事上の責任」「行政上の責任」「民事上の責任」の3つの責任を負うことになります。

刑事上の責任

危険運転致死傷罪、過失運転致死傷罪などの適用を受け、懲役、禁錮、罰金などの処罰がおこなわれます。

行政上の責任

運転免許の取消や停止、減点、反則金などの行政処分がおこなわれます。

民事上の責任

不法行為によって他人に損害を与えた者は、その損害を賠償する責任を負うとされており、金銭で損害を賠償します。

自動車保険が補償できるのは、民事上の責任になります。

自動車保険とは?

自動車保険とは、交通事故による相手への賠償金を補償したり、自身の被害を回復させたりするため保険です。

交通事故を起こした場合、相手に次のような賠償金を支払うことになります。

【賠償金の内容】

対物賠償(物に対する損害) 車体や壊れた物の修理費など
対人賠償(人に対する損害) 治療費、入院費、交通費、介護料、休業による損害、逸失利益、慰謝料など

特に注意したいものは、対人賠償の逸失利益です。

逸失利益とは、相手に後遺症を負わせたときなどに、その相手が将来得るはずだった利益を賠償するものになります。

相手の年収の高さ、障害等級の高さ、年齢の若さによっては、数千万円から1億を超える額になることもあり得ます。
預貯金などの自己資金で用意できる方は、現実的にあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

交通事故の加害者になる原因は、「過失」つまり「まちがい」にあります。

過失では済まされない危険な運転行為もありますが、多くの善良なドライバーは、日々安全に運転しているはずです。
それでも、明日ほんの不注意で加害者になることがあります。これが交通事故の恐ろしいところです。

相手への賠償責任を果たして、ご自身の生活や家族を守るためにも、自動車保険の加入が大切です。

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895

保険をくらべて選ぶなら
ほけんの110番

ご相談の流れ

【STEP1】ご都合に合わせて簡単予約

店舗へのご来店・訪問・オンライン保険相談の中からお客様のご都合に合わせてご予約ください

【STEP2】まずはお客様のご意向を確認

まずはお客様のご意向を伺いながら、将来どのくらいのお金が必要になるか確認していきます

【STEP3】複数社の最新の保険商品を比較

複数社の最新の保険商品を比較しながら、自由に組合せてお客様に合ったプランをご提案いたします

各種保険のご紹介

生命保険

  • 生命保険
  • 女性向け保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 傷害保険
  • 個人年金保険

損害保険

  • 火災保険
  • 自動車保険
  • ペット保険