自動車保険の基礎知識

保険料とノンフリート等級制度

自動車保険では、「ノンフリート等級」と「事故有係数適用期間」によって保険料の割引や割増が決まる「ノンフリート等級別料率制度」が一般的です。

ノンフリート等級と保険料

ノンフリート等級とは、自動車保険の保険料を決める基準のひとつです。

お持ちの保険証書に「◯等級」と書かれていれば、それがノンフリート等級になります。

ノンフリート等級は全20等級

ノンフリート契約の等級は1等級から20等級まであり、等級の数字が大きいほど保険料は割安になります。

通常、スタートは6等級からで、保険の更新日までに、補償を適用する事故(これを保険事故といいます)がなければ1等級アップ!

ただし保険事故が起こると、更新時に最大で3等級ダウンします。

ノンフリート等級は、他の保険会社から契約変更した時や、車を買い替えた時でも引き継ぐことができます。

事故でどのくらい等級はダウンする?

ノンフリート等級のダウンには、1等級ダウンと3等級ダウンの2つがあります。
違いは次のとおりです。

1等級ダウン 車両保険金のみの支払いで、その原因が次のいずれかに該当する事故をいいます。
火災、爆発、盗難、騒擾や労働争議に伴う暴力行為、台風、竜巻、洪水、落書、いたずら、窓ガラス破損、飛来・落下物との衝突
3等級ダウン
  • 対人賠償責任保険に係わる事故
  • 対物賠償責任保険に係わる事故
  • 車両保険に係わる事故(1等級ダウン事故除く)

一定の特約のみが支払われるケースでは、保険金が下りても等級がダウンしないことがあります。

事故有係数適用期間と保険料

保険金事故があってから間もない人は、一定の間、「事故有係数」が適用され、保険料が割高になります。
たとえノンフリート等級が同じでも、事故有係数が適用される人は、無事故の人よりも保険料が高くなってしまいます。

無事故でいることは、契約者の命の安全と一緒に、家計への負担を減らすことにも繋がるということです。

事故有係数はいつまで適用される?

「事故有係数」が適用される期間のことを「事故有係数適用期間」といいます。
事故有係数適用期間は、ノンフリート等級の「ダウンした級数」と同じ年数になります。

【事故有係数適用期間の例】

ノンフリート等級 事故有係数適用期間
1等級ダウン 1年
3等級ダウン 3年

事故有係数適用期間は、等級がダウンするたびに加算され、最大6年間まで加算され続けます。

事故有係数適用期間はどうしたら0になる?

事故有係数適用期間は、1年経過するごとに1年ずつ減少します。たとえば、3等級ダウンしたとしても、3年すれば事故有係数適用期間は0年になります。

これは、事故を起こしてしまった年でも変わりません。

たとえば、1年契約の自動車保険で、2年連続で事故を起こしてしまったとき、事故有係数適用期間は次のようになります。

1年目 2年目 3年目
事故有係数適用期間 0年 3年
(事故1回目・・・残り3年)
5年
(事故1回目・・・残り2年
事故2回目・・・残り3年)
備考 事故発生(1回目) 事故発生(2回目) 1年経過によって、事故1回目が2年に減少。(※)

(※)無事故でなくても事故有係数適用期間は1年減少します。

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895

保険をくらべて選ぶなら
ほけんの110番

ご相談の流れ

【STEP1】ご都合に合わせて簡単予約

店舗へのご来店・訪問・オンライン保険相談の中からお客様のご都合に合わせてご予約ください

【STEP2】まずはお客様のご意向を確認

まずはお客様のご意向を伺いながら、将来どのくらいのお金が必要になるか確認していきます

【STEP3】複数社の最新の保険商品を比較

複数社の最新の保険商品を比較しながら、自由に組合せてお客様に合ったプランをご提案いたします

各種保険のご紹介

生命保険

  • 生命保険
  • 女性向け保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 傷害保険
  • 個人年金保険

損害保険

  • 火災保険
  • 自動車保険
  • ペット保険