医療保険の基礎知識

医療保険加入・見直しのタイミング

保険は万一の際のリスクに備えるものです。そのリスクは年齢やライフサイクル(生活周期)によっても大きく変わるため、検討するタイミングは一人ひとり異なります

また、医療技術の進歩に伴い、日々新しい保険商品も登場していますので、さらに悩んでしまいますよね。
とはいえ、例えば以前はがんと言えば、長期入院が主流でしたが、現在では短期入院なども増えてきています。これに合わせるように保険の保障内容も、従来は入院した場合の保障が手厚くなっていましたが、現在は一時金が支払われる形などが主流となってきたりと変わってきています。

そのため、医療保険を検討する場合は、加入した後も定期的に保障内容の見直しを行う機会を持つことも大切です。このページでは医療保険を検討する際の主なタイミングを事例で紹介します。

加入・見直しのタイミング:事例をご紹介

①「就職」・「結婚」・「妊娠・出産」は医療保険加入のタイミング

まず医療保険を検討する際に、最も大切なタイミングは「ライフサイクルが変化した節目」です。
特に「就職」・「結婚」・「妊娠・出産」などが挙げられます。

就職は親元から独立して、社会人として将来に向けてどう働き・生活していくかを考えるタイミングとなりますし、まずは「自分のため」に、もしもの場合の病気やケガへの備えるため、医療保障を持つことを考えるにはいいタイミングと言えます。

次に、結婚や妊娠・出産のタイミングでの医療保険への加入です。これは先の就職とは違い「ご家族のため」という意味合いが強くなってくると思います。

家族構成や生活環境に合わせ、保険料・保障内容のバランスを考えながら「家族と共に生きていくため」に、ご自身の病気・ケガへのリスクに備えられる医療保障を準備しましょう。

②保険の契約更新は見直しのタイミング

医療保障の大切な見直しのタイミングのひとつに「保険契約の更新をむかえるタイミング」が挙げられます。
保障の過不足はないかなど、更新時期は今の自分と保障内容が合っているかの定期的な見直しができるタイミングですので、繰り返し見直しを行いやすいタイミングです。

例えば、定期タイプの医療保険に加入している方は、満期近くになると保険会社からお知らせが届くので、保障の確認や見直しをするいいタイミングになります。更新があるタイプは更新時期を要チェックです。

健康状態に注意

医療保険を考えるときの注意点として、健康なうちに保険の加入・保障見直しを行うことが大切です。

現在の健康状態・既往歴によっては、新しい医療保険へ加入、または今入っている保障に途中で特約を付加できない場合もあります。

新しい医療保険へ乗り換える場合の注意点として、新しい医療保険の加入した後に、旧医療保険を解約することをおすすめします。一時二重払いになる場合もありますが、新しい保険の契約が完了・スタートするまでは既存の保険を解約しないよう気をつけましょう。

一度解約してしまった保険は元に戻すことはできません。申込後すぐ旧医療保険を解約してしまうと、新しい保険に健康・既往歴等の理由で万一審査に通らなかった場合は、保障が何もない状態になってしまうリスクが発生します。

まとめ

医療技術、保険商品は年々変化しているため、以前は確かに自分に合っていた医療保険だったのに、今見直してみると保障が足りていない、または新しい保険商品への加入や乗り換えが必要ということが起こる可能性は十分にあります

「今の自分にとって必要な保障は何か」について考えながら、ライフサイクルの変化や保険更新時期のタイミングに合わせて、保険の加入または保障内容の見直しを行っていきましょう

お近くの店舗を探す

TEL:0120-110-895

保険をくらべて選ぶなら
ほけんの110番

ご相談の流れ

【STEP1】ご都合に合わせて簡単予約

店舗へのご来店・訪問・オンライン保険相談の中からお客様のご都合に合わせてご予約ください

【STEP2】まずはお客様のご意向を確認

まずはお客様のご意向を伺いながら、将来どのくらいのお金が必要になるか確認していきます

【STEP3】複数社の最新の保険商品を比較

複数社の最新の保険商品を比較しながら、自由に組合せてお客様に合ったプランをご提案いたします

各種保険のご紹介

生命保険

  • 生命保険
  • 女性向け保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 傷害保険
  • 個人年金保険

損害保険

  • 火災保険
  • 自動車保険
  • ペット保険